ブログblog

モデルハウスの工事も大詰め(^^)/

2022.02.06

こんにちは(^^♪

代表の片岡です(^^)/

今月の19日オープンします高知市瀬戸南町のモデルハウスの

工事がいよいよ大詰めとなって来ました!

天井のレッドシダーの入荷が若干遅れたため大工さんに迷惑を

掛けましたのでお詫びに代表片岡が10年ぶりに天井を張りました^^;

久しぶりの大工仕事で半端なく腰に来ましたが、やっぱ大工仕事最高!

めちゃくちゃ、充実した一日となりました!(^^)!

弊社スタッフの森本も棚板塗りのお手伝い(^^♪

 

こうして、スタッフが家づくりに携わることでお客様との貴重な

家づくりの思い出を共に刻んで行きたいと思います😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度か、ご紹介はさせて頂いておりますがこのモデルハウスは

マッハシステムを採用した初めての住宅となります。

一般的な全館空調は大温度差小風量空調ですがマッハシステムは

小温度差大風量の全館空調となります!(^^)!

 

あと、家のスペックも弊社ではトップクラスの性能となります。

超高気密超高断熱住宅のスペック↓

 

Q値 1.0 (エネパス計算値)

Ua値 0.25 (エネパス計算値)

C値 0.1 (現場測定)

HEAT20 G3 (6地域)

 

いろんな識者の方がいて、6.7地域ではオーバースペックだ!

やれ、コスト回収は出来ないからそこまでの性能は要らない!

全館空調なんか要らない!G1で上等!或いはG2くらいは要るよ!

YouTube等でいろんな方が情報発信していますよね(;^ω^)

何が正解なのか????こんな仕事してる私でも混乱してきます💦

 

リビングや寝室等居室は当然、部分冷暖房しますから快適な空間になりますが

玄関、土間収納、廊下、トイレ、洗面室、床下、小屋裏はどうでしょうか?

恐らく東北や北海道の寒い地域以外の方は本当の意味で暖かい

住宅に私も含めて住んだことが無いと思います。

 

なので、一つ言えることは百聞は一見に如かずって言葉があるように

冬は暖かくて夏は涼しい快適な本物の住宅を体感することだと思います。

食べものに例えるとグラム1000円のお肉とグラム500円のお肉の違いって

金額だけで美味しいか、美味しくないか判断できるでしょうか?

出来ませんよね(;^_^A

ちょっと例えが悪いかも知れませんけど、要するに本物を知って初めて

比較が出来るということをお伝えしたかったのです^_^;

 

それで初めて、いや!うちは部分的に快適ならそれで良い!

廊下や玄関まで快適でなくても十分!

暑い寒いは一時だからそこにお金はかけない!

少々の暑さ、寒さは我慢する!

我が家は30年持てば良いからイニシャルの回収ができない!

多少の結露は我慢できる!

等々、建て主様のご意見は分かれることだと思います(^(^_^;)

 

ただ、平成28年基準の省エネ等級4で家を建てた夏暑くて冬寒い家で年間30万

前後の超光熱費のかかる家に住んでいる片岡はお勧めはしませんけど💦

 

多分、万人にこれが正解の家だ!ってないと思います。

10人集まれば10人の住まい方があると思います☝

微力ではありますが貴方様のご家族の住まい方にあった50年先を見据えた

トータルコストを考えたご提案はで出来ると思います!

宜しくお願い致します<m(__)m>

 

それでは2/19、私片岡のこれまで培ってきた経験と知識&ウッドスタイルスタッフ

の技術を詰め込んだモデルハウスへ是非!お越しくださいませ(^^)/

 

お楽しみに❣